Author Archives: admin01

売る前に修理しなくても大丈夫

バイクを売ることに決めたので、あちこち傷ついた場所や凹んだ場所を修理してからバイク買取業者に査定してもらおうと考えている人もいることでしょう。

傷や凹み、破損箇所がない方が高く買い取ってもらえると思っていませんか。

実は下手に修理をしてしまうと、修理する前よりも安い価格がつくことがあるのです。

【引っかき傷は隠してしまおう?】

バイクに乗っていると、知らない間にどこかで擦ったりして傷がついてしまうことがあります。

こんなところに傷なんてあった?と思うことが多いですよね。

引っかき傷があって、塗装が剥げてしまったから、同じような色のペイントで隠してしまえと自分で塗ってしまうこともあるでしょう。

それは、できれば止めた方が良いのです。

かえって目立ってしまい、査定額が下がる可能性があります。

【お金をかけて修理してもダメ?】

査定額がうんと上がるだろうと期待して、お金をかけてきれいに修理した場合でも、思ったほど査定額が上がらないことがあります。

高い修理費用がかかったのに、それに見合わない査定額だったというケースもあります。

【ありのままの状態がベスト】

バイクを売る時に、傷や凹みなどを自分で修理する必要はありませんし、ましてお金をかけてきれに修理する必要もありません。

バイク買取の際は、ありのままの状態で査定してもらい、査定額を出してもらう方が良いのです。

バイク買取業者は、自分のところでバイクを修理することができます。

ですから買い取って自分のところで修理するので何もしない方が良いのです。

動かないバイクでも買取可能?

バイクに乗らなくなって、ずっと車庫に放置していたらエンジンがかからなくなってしまっていたというケースはよくあります。

エンジンがかからなくなった、動かなくなったバイクは、買い取りしてもらえないのでしょうか。

【幅広い販売ルートを持つ業者を探す】

ごく普通の販売ルートしか持たないバイク店の場合は、エンジンがかからなくなったバイクは買取してもらえないことが多いです。

しかし、エンジンがかからないバイクでも商品価値を見つけ、独自の販売ルートを持つバイク買取業者なら、買い取ってもらえることがあります。

【良いバイク買取業者を選ぶ】

動かなくなったバイクを買い取ってもらうには、それなりの優良なバイク買取業者を見つけないと難しいです。

優良なバイク買取業者は、やはり全国展開しているような有名なところになります。

このようなところだと不動車(動かないもの)でも相応の額で買い取ってもらえるので、諦めないで探してくださいね。

【できれば複数社に問い合わせを】

不動車でも、バイク買取業者によって買取額は違います。

少しでも高いところに買い取ってもらうには、複数社に査定を依頼して比較するしかありません。

少々面倒でも複数社に査定を依頼しましょう。

依頼する際は、エンジンがかからない旨を伝えるようにしましょう。

そこで、買い取りができるかできないかをまず判断してもらうことができます。

大手の買取業者なら、エンジンがかからなくても買取は可能としているようです。

ぶつけて傷があるけれど買取してもらえる?

バイク買取を依頼する時、できるだけバイクをきれいにしておくと良いと言われていますよね。

やはり見た目も大切ですから、汚れなどは落としておくようにします。

しかし、バイクを乗っている間に転倒したりぶつけたりして傷がついてしまうことがありますよね。

その場合はどうすれば良いのでしょうか。

【泥やホコリは取り除いて】

バイク買取店に査定してもらう前には、バイクの泥やホコリは取り除いておく方が良いです。

これなら洗車や拭き取るだけで良いのでできますよね。

古いバイクでも見た目がきれいだと、査定する側も第一印象が良くなります。

【傷や凹みはどうする?】

壁などに擦ってついた擦り傷や、転倒して凹んだということもあるでしょう。

それはやはり直した方が良いのでしょうか。

傷や凹みがあると査定額に影響するのではと心配になりますよね。

もちろん、傷や凹みは無い方が良いのですが、バイクの場合は知らない間に傷がついていることが多く、バイク買取店はそれほど問題にしていないのです。

【そのままの状態で査定へ】

擦り傷にタッチペイントなどを塗って隠そうとする人がいますが、かえって傷が目立ってしまうことがあるので逆効果です。

素直に「こことここに傷、凹みがあります」と伝えた方が好印象を与えますよ。

傷や凹みは買取業者が買い取った後、提携している修理工場で修理しますので気にすることはありません。

変に隠したりする方が査定額を低くする可能性があるのです。

中古バイクは、だいたいが下から4番目のレベル!?

オークション会場では「新車」、「新古車」、「中古車」、「不動車」という4段階にわかれていて、それを基準に採点がなされていくのだそうです。

不動車というあまり聞いたことのない基準とは何かというと、見た目で動かない車、または動くには動くものの、売り物にはならないとわかるレベル、つまり事故歴のある車両のことを不動車と呼ぶのだそうです。

これは下から2番目のレベルにあり、買い取ってもそのまま市場に出すことのできないレベルだそうです。

その下の最下位にあるのが同じ不動車というレベルですが、バイクを解体して部品をバラ売りするしかないレベルだとか~。

通常、私たちの感覚で中古車と呼びバイク買取に出すのは、オークション会場におけるレベルの階数でいくと下から4番目という程度。

新車から不動車までぜんぶで10段階ある中の下から4番目だから、真ん中より下に位置します。

欠損カ所があったり、傷があったり、改造カ所があったりするのも、すべてこのレベルに入ります。

バイク買取店のオーナーによると、「バイクの持ち主としては丁寧に愛情をかけて扱っているようでも、それなりに傷は付いてしまうものなのです。

だいたい3カ月~半年も乗れば、下から4番目の中古車に入ってしまうでしょうね。

あとは走行距離などの勝負になります」と。

バイク買取に出すからとピカピカに磨いたり、懸命に修復したりするのが馬鹿らしくもなりますが、厳しいプロの目と中古市場における商品価値というのは、そのようなものなのでしょう。

気になる記事⇒バイクのメッキ部分のくもりについて教えてください。 【OKWave】

辛い現実ですが勉強になりました。

イタリアの名門がたどり着いた真っ赤な「ドゥカティ」。

ハーレーやBMWは知っていましたが、「ドゥカティ」というネーミングのバイクがあることはまったく知らないままあるバイクの会合に出て、大恥をかいたという経験があります。

その会合が愛好会のようなものだったから良かったですが、そうでなければ取り返しのつかない状態に追い込まれるところでした。

ドゥカティ(Ducati)というのはイタリアのメーカーで、イタリアのボローニャに拠点があるとされています。

オートバイメーカーであり、販売会社として自社のバイクを販売しているメーカーですが、2012年4月にはアウディによって買収されたとあります。

日本の中古バイク市場にどれくらいの台数が出回っているのかは不明ですが、さすがにバイク買取の業者さんは、ドゥカティのことを良く知っていました。

創業は意外にも古く、もともとはラジオやカメラ、家電製品を製造販売する会社だったようです。

バイク買取店のオーナーが語るには、「ドゥカティはバイクを開発製造しはじめてすぐのころにレースへの参戦を決めて、勝利のために改良に次ぐ改良を行ったという過去があります。

研究熱心だったこともあり、レースではびっくりするほどのデータを収集し、それが後の一般車輛の開発に役立ったようです。

自分の中では、本田宗一郎がレースにこだわりつづけていた思いと重なっていたこともあって、よく覚えているんですよ。

希少性もあって、日本の中古市場ではかなりの高値で売買されています」と。

イタリアらしい真っ赤なカラーリングが印象的で、日本で公道を走っていたら、誰のめにも止まること間違いなしの迫力があります。

これだけのバイクなら、バイク買取でも高値で売買されるのは当然~。

これからはもっと勉強してドゥカティを語れるようにならなくては~。

ニンジャという面白い名前の海外向けバイクもあります!参考までに・・・https://allabout.co.jp/gm/gc/473481/