売る前に修理しなくても大丈夫

バイクを売ることに決めたので、あちこち傷ついた場所や凹んだ場所を修理してからバイク買取業者に査定してもらおうと考えている人もいることでしょう。

傷や凹み、破損箇所がない方が高く買い取ってもらえると思っていませんか。

実は下手に修理をしてしまうと、修理する前よりも安い価格がつくことがあるのです。

【引っかき傷は隠してしまおう?】

バイクに乗っていると、知らない間にどこかで擦ったりして傷がついてしまうことがあります。

こんなところに傷なんてあった?と思うことが多いですよね。

引っかき傷があって、塗装が剥げてしまったから、同じような色のペイントで隠してしまえと自分で塗ってしまうこともあるでしょう。

それは、できれば止めた方が良いのです。

かえって目立ってしまい、査定額が下がる可能性があります。

【お金をかけて修理してもダメ?】

査定額がうんと上がるだろうと期待して、お金をかけてきれいに修理した場合でも、思ったほど査定額が上がらないことがあります。

高い修理費用がかかったのに、それに見合わない査定額だったというケースもあります。

【ありのままの状態がベスト】

バイクを売る時に、傷や凹みなどを自分で修理する必要はありませんし、ましてお金をかけてきれに修理する必要もありません。

バイク買取の際は、ありのままの状態で査定してもらい、査定額を出してもらう方が良いのです。

バイク買取業者は、自分のところでバイクを修理することができます。

ですから買い取って自分のところで修理するので何もしない方が良いのです。