ぶつけて傷があるけれど買取してもらえる?

バイク買取を依頼する時、できるだけバイクをきれいにしておくと良いと言われていますよね。

やはり見た目も大切ですから、汚れなどは落としておくようにします。

しかし、バイクを乗っている間に転倒したりぶつけたりして傷がついてしまうことがありますよね。

その場合はどうすれば良いのでしょうか。

【泥やホコリは取り除いて】

バイク買取店に査定してもらう前には、バイクの泥やホコリは取り除いておく方が良いです。

これなら洗車や拭き取るだけで良いのでできますよね。

古いバイクでも見た目がきれいだと、査定する側も第一印象が良くなります。

【傷や凹みはどうする?】

壁などに擦ってついた擦り傷や、転倒して凹んだということもあるでしょう。

それはやはり直した方が良いのでしょうか。

傷や凹みがあると査定額に影響するのではと心配になりますよね。

もちろん、傷や凹みは無い方が良いのですが、バイクの場合は知らない間に傷がついていることが多く、バイク買取店はそれほど問題にしていないのです。

【そのままの状態で査定へ】

擦り傷にタッチペイントなどを塗って隠そうとする人がいますが、かえって傷が目立ってしまうことがあるので逆効果です。

素直に「こことここに傷、凹みがあります」と伝えた方が好印象を与えますよ。

傷や凹みは買取業者が買い取った後、提携している修理工場で修理しますので気にすることはありません。

変に隠したりする方が査定額を低くする可能性があるのです。